プロジェクトメンバー紹介

●沖縄支部メンバー紹介


◆広部 俊明◆(代表・総合プロデューサー)
代表で総合プロデューサーの広部俊明です
1986年に夢工場というバンドでポニーキャニオンからデビュー
現在までメンバーチェンジなしで活動をしています
ダイビングを始めたのは1989年
1991年からダイビングサービス「マリンドリーム夢塾」を立ち上げ
1996年から沖縄恩納村に移転して現在に至ります
現在水中探検家&水中カメラマンとしても活動
テレビ朝日にて、「水中探検家広部俊明が行く海からのメッセージ」という番組と「本気釣り!(まじづり)」という番組をレギュラーでやらせていただいてます
海を愛する人たちで何かできないか
そう思い同じ思いの仲間たちとマリンエイドをやることになりました
ぜひ皆さん一緒に笑顔を届けましょう


◆古菅 正道◆(事務局長)
1965年7月16日 東京都新宿区生まれ
笑いで水中写真を広めるために、UMA(アンダーウォーター・マンダン・アソシエーション)を設立(会員5名)。
アート写真や生態写真では一部のマニアックなダイバーに受けても、一般的には中々興味を持って貰えない。
そこで、面白い水中写真を、スライド漫談形式で見せる事により、多くの人に水中写真の面白さ伝えようと奮闘中。
「マリンエイド」では事務局長をやってます。真面目過ぎず、くだけ過ぎない、皆が又来たくなるようなイベントにしていきたいです。


◆藤林 保信◆(舞台監督)
趣味:モータースポーツ、トラック&フィールドスポーツ、マリンレジャー。球技は全般に苦手。 陸上競技は大学時代に短距離・十種。今はマラソン。機械物が好きで、自転車自動車ともに興味の対象は常にレース仕様車。
嗜好:脂っこいもの
肉・卵など、コレステロール豊富なものを好む。野菜は嫌いではないが、興味ない
性格:口数が少なく意思表現が苦手、というか嫌い。血液AB型のせいにして優柔不断を貫く。基本的に単独行動であるが、独りではチョット恥ずかしそうな事だけ友人知人を巻き込む。
青い海が好き:思えば幼い頃から、好きな色を問われると『青』と答えていました。
私が海が好きな理由はたくさんありますが、もしかすると一番大きな理由かもしれません。
穏やかに光り輝く海を見ていると涙が出るほど幸せを感じることがあります。


◆河野 透(こうの とおる)◆(対外折衝)
ダイビングショップ「海潜隊」の一人オーナー兼インストラクター。
1988年にダイビングを始め、1991年にインストラクターになり都内某ダイビングショップを経て、坂本龍馬が好きだったことから龍馬の作った日本初の株式会社「海援隊」から名前をもし、1996年に東京の板橋に仲間とダイビングショップ海潜隊をオープン(2006年から渋谷に移転)。
龍馬が海から日本を支援したという考えで、海援隊を作ったように海を通じて、たくさんの人との繋がりを作るお手伝いして行きたい思いました。
2011年3月11日以降、宮城県石巻市を中心に40回以上通い、2011年9月に宮城県石巻市小渕浜の被災した漁師さんと復興応援プロジェクト「小渕浜ふるさとプロジェクト」に参加、復興地の現状を伝え、応援していただける皆さんと復興地の応援を続けています。
その経験を生かして、マリンエイドが多くの人に支持していただけるように貢献していきたいとと思っています。


◆鈴木 あやの◆(広報)
写真家・水中モデル・ドルフィンスイマー
http://ayanoo.com/
小さい頃から生き物が好きで、大学、大学院、企業でバイオ系の研究をしていましたが、会社を辞めて初めて訪れた小笠原諸島で海とイルカに出会い、その世界に魅せられました。
海に溶けるように泳ぐ素潜り。野生のイルカと目を合わせて共に泳ぐ感動。
現在、野生のイルカと泳ぐということ、イルカの面白い生態や行動などを写真や映像で伝えています。
テレビやCM出演・撮影、映像提供、雑誌記事執筆、フォトセミナー講師、コラム執筆、水中3D動画編集など多岐にわたり活動中です。
マリンエイドでは、海の未知なる面白さ、美しさ、楽しさなども伝えていきたいと思います。
イルカの写真や、イルカと泳いでいる写真も出します!海に関わる人、みんなで一緒に作り上げていきましょう!


◆安江 昌幸(やすえ まさゆき)◆(対外折衝)
【所属】Scuba Diving Salon mardiving(マーダイビング)
※中野坂上にある都市型ショップです。
【経歴とダイビングについて】
中学の時に伊豆七島の神津島で、体験ダイビングを経てライセンス取得~25歳まで、水中作業と神津島でアシスタントスタッフとして経験を積む。同年、ハワイにてIDC&IEを受ける。
その後、フリーランスとして、神津島をはじめ、伊豆の中木・神子元やハワイ、マルタ、フロリダ、モルディブなどを転々とする。
2006年に現在のショップを立ち上げ、現在に至る。
【ダイビング以外のできること】デザイン、Web作成、料理、モノ創り
【コメント】今、何をして何が必要か、常にその場その場で選択していく。色々な人のアイデアと出来ることを合わせて今を創る。その今の積み重ねが未来になると思っています。微力ながら、何かのお役にたてればと思い参加・活動させていただいております。今後ともどうぞ、宜しくお願いいたします


◆藤井 裕一◆(映像作成)
2013年、17回目を迎えた写真展「海で逢いたい」の事務局としてその運営に係わる。

写真展「海で逢いたい」
http://umideaitai.f-web.jp/

 


◆山本 ミカコ◆(イラスト担当)
職業:イラストレーター http://mikako-7.boo.jp/
長年、のん気なOLだったが、突然、子供の頃の夢だったイラストレーターになりたくなり、会社をスッパリ辞め、イラストの世界に飛び込む。
ダイビングは19歳でCカードを取得。
「寒がり・船酔い・体力なし」という三拍子揃ったへっぽこぶりなれど、“無理せず楽しくダイビング”をモットーにマイペースに潜り続けている。
好きな海の生き物は、擬態しているエビ・カニ系。群れも好き。
海を見てぼーーーっとしたいが為に、たまに堤防で釣り糸を垂れたりしている。
座右の銘は、「やってみなけりゃ奇跡も起きない」
マリンエイドでは、海好きの人はもちろん、今まで海に興味がなかった人達にも、このイベントがきっかけで海の楽しさ、素晴らしさを知ってもらえたらいいなぁと思っています。


◆奥山 正樹◆(会場責任者)
・奥山正樹と申します。mixiのハンドルネームから「おっくん」と呼ばれることが最近多いです。
・小さい頃沖縄に住んでたことがあるんですが、水に顔をつけられない程水が怖かったのでそこから水泳を始め、最終的に中学まで選手として続けました。(県大会レベル止まりでしたが…)
・高校時代は怪我の影響もあり特に何もしておらず、大学時代は学業そっちのけでテニスと麻雀に明け暮れ、海とは全く縁の無い生活を送ってました。
・ダイビングとの出会いは28歳の時。30代になる前独身のうちにこれまで経験の無いものにチャレンジしたいな、という気持ちとタイミング良く会社の先輩に富戸での体験ダイビングに誘われ、そこでの感動が始めたきっかけでした。(あと当時好きだった女の子がダイビングでいろんなとこに行っているという話も影響しているかもしれません。)
・いわゆるAOW辺りまでライセンスを取ればいいかな?と思っていたら、周りの雰囲気に流されて、レスキューやら各種スペシャリティを取得し、ついには2003年にインストラクターの資格まで取ってしまいました。
・ダイビング初心者の方やブランクのある方に、きちんとしたスキルをつけてもらい海の素晴らしさを感じてもらうことができればと思ってます。
・…というものの仕事が忙しかったり環境が変わったりということでインストラクターとしてほとんど活動できてませんが、今年暖かくなってきたら伊豆で非常勤でお手伝いできればと考えています。
・普段は某IT企業にてグローバルに展開するITサービスの企画及びマーケティングを真面目にやっています。
・モットーは何事も「広く深く」という感じで、いろんなものにチャレンジしそこそこのレベルまで極めることが快感です。


◆中西 健一郎◆(ボランティア統括)
会社員です。特別な活動をしている訳でも特技がある訳でもありませんが海が好きという気持ちだけで参加させてもらってます。
趣味
スキューバダイビング:細々と十数年続けてます。
オープンウォータースイミング:競泳等をやっていた訳でもありませんが、海で泳ぐ競技というだけで始めました。小さな頃から夏休みに学生時代バイクに乗っていた時には、たいがい海を目指して走っていました。
なぜそんなに海が好きになったか?分かりませんが、海に行くと楽しいです。心が落ち着きます。ただそれだけです。
基本的に体を動かす事が好き。と言うかじっとしていられない落ち着きのない性格です。
でも眠くなってくると途端に動かなくなる。好物はお酒と炭水化物。
大阪出身で大阪弁でしゃべるくせに、あまり大阪の事は知らない似非大阪人。
最近増えてきた白髪となかなか落ちない脇腹が気になりだした3?歳・AB型
こんな奴ですが出来るだけ多くの方々に海の楽しさ・素晴らしさを伝える事、またこのような活動を通して少しでも何かのお役に立てるよう頑張ります。


◆豊岡 咲◆(学生部門リーダー)
現在学生スタッフとして参加している豊岡咲です。ここで簡単に私の生態と意気込みをお話します。
主にコーラと海水を動力源としています。
そしてもはや生態ラスト項目ですが「怒ってないです」が口癖になるぐらい怒り顔のようです。それは紛れもない照れ顔です。はい、すいません。
意気込みはかなりありますが非力です。
そんな私でも出来ることがあるならとひっそり潜伏しているわけです。どうぞ、宜しくお願いします。


◆望月 友輔◆(学生部門)
学生生活を送りつつ、マリンエイドスタッフとして参加しております、望月友輔です。
とある事情からスタッフ内ではマックスと呼ばれています(笑)
海との出会いは…正直覚えておりません。
気づいたときには、大好きになっていました。
時には、一日中海にただ浸かっていたこともあります。
私にとっては海が友達であり、第二の故郷です。
そんな海から自然の素晴らしさ、自然とふれあうことの大切さを伝えるためにMAX頑張りたいと思っています!!
海に意味もなく一日中浸かっていたことがある方、ぜひお声かけください(笑)


◆斎藤 さよ子◆(庶務・経理)
マリンエイド実行プロジェクトでは、庶務・広報・経理を担当。
無音楽 無人生。折れない、めげない、あきらめない。有言実行。
趣味でバンドやセッションで鍵盤を弾いてます♪ LIVEをよく観に行きますが、基本、何でも聴きます…ミーハーです♪…とまぁ、音楽漬けの生涯です(笑)
本業では、現在の会社で4年間「海」の仕事に携わり、世界の海の写真(外も中も)を日々堪能。ひたすら癒される日々でした。好きな海の生き物は、イルカとカメとウミウシです!
ボランティアで、「マリンエイド実行プロジェクト」代表(広部)が所属するバンドのマネージャーとweb担当をしており、自らも、1999年から個人ホームページ開設。日記(現ブログ)は当時より書き続けている。
現在は「海」からかけ離れた生活の為、機会があれば時間の許す限り海を眺めていたい。海にいる人を眺めていたい。車中からふと見える海岸線に涙してしまうことも…
2011.3.11、会社から自宅まで歩いて帰宅しました。3.11の前後では、価値観がガラッと変わってしまいましたが、少しの勇気と笑顔で何か出来ることがあれば…光栄です。


◆繁田 憲一(NORIKAZU SHIGETA)◆
1961年3月生
機械部品商社の経営者
JCUE(日本安全潜水教育協会)理事
テナーサックス吹き
料理人
1979年にダイビングを始め、若いころは沖縄・伊豆でインストラクションやガイドやをやっていましたが、今は一般のファンダイバーとして、海を楽しんでいます
昨年の女川・竹浦での復興イベントがきっかけで、微力ながら何かお手伝いできれば・・・と、2013年からメンバーの末席に入らせてもらっています


◆田中 加寿子(KAKKO)◆
ダイビング、海に出会ってかれこれ数・・年。
この出会いに感謝しながら、私にも何か出来る事があるのなら、お手伝いさせて頂きたいと、このプロジェクトに参加させて頂きました。
一人では何もできない事でも、沢山の仲間が集まれば、大きな力となる事を実感してます。少しでも、一人でも多くの方たちの力になりたいと思っています。

 


◆岡田 弓子◆
「マリンエイド2013」よりプロジェクトメンバーに加わりました。
事務局の更に裏方。各メンバーが円滑に動く為のサポート係のような存在です。
お越し下さる皆様、ご協力下さる皆様と復興支援への思いはひとつ。
未熟ではありますが、精一杯心を尽くす所存でございます。
(PADI-DM タンク総本数2000本 潜水士)

 


◆佐藤 一馬◆(映像)
ダイビングを始めて20年。海と海にまつわる方々から、計り知れない楽しさと得がたい経験を貰っています。
特別な事が出来るわけではありませんが、微力ながらお手伝い出来ればと思い参加させて頂きました。

 


◆横田 惠子◆
住まいは、自然が多い大阪の奥河内ですが、仕事がら出張が多く、ダイビング関係をはじめ、様々な分野の方々に各地でお世話になっております。
昨年、急遽舞台関係のお手伝いでお声をかけて頂き、お手伝い出来ることがあればと思い参加させて頂きました。
復興地への思いや支援活動・カタチは様々。
出会いを大切にし、ご協力くださった皆さんへの感謝の気持ちを忘れず、お手伝いできればと思っています。
 


 


Comments are closed.